インポテンツ者の気持ちを考える

 

インポテンツ者の気持ち

 

バイアグラ消費者は、EDの問題、すなわち健康、男らしさ、性の満足の喪失の原因をどのようにとらえているのでしょうか?

 

また医者は患者のインポテンツをどのようにとらえているのでしょうか?

 

EDを引き起こすと思われるものとして健康上問題のある、生活習慣、疾患、薬物療法、外科手術を指摘するとともに、医者が加齢、ストレス、社会理念、とも関係していることを主張することもあります。

 

バイアグラに頼っている人々も、頭の中では16歳だったころの自分は性的に健康だったと思っている、歳をとっても自分たちの身に起こることには何にも変化がない、今の自分を青年のころの能力を基準に照らして考えようとするから、インポテンツの症状に陥った時に焦ってしまうのです。

 

大半のインポテンツ者は勃起障害についての医療面での説明に同視する傾向にありますが、クレイ男性のインポテンツはメディアや性別役割の変化による精神的負担の兆候でもあると考えられ始めています。

 

妻が月に20万円稼いでいるのに、夫が8万円しか稼いでいないと男性にとってはしっくりいかない気持ちが生まれるでしょう。そのままでは情緒面で問題を抱え続けることになります。

 

今では女性は自分の性生活を少しはコントロールしているのですが、それが男性を困らせている場合もあるのです。

 

男女の役割が変化していることもインポテンツ患者が増えている原因なのかもしれません。