バイアグラの恐ろしい副作用

バイアグラの副作用

 

バイアグラの服用による飽く作用としては死亡するケースや持続勃起症に陥るケースがあるようです。

 

通常の性行為中でも死亡するケースはありますので、バイアグラを服用しての性交途中で死亡する原因がすべてバイアグラだとは断定はできません。しかし、飲まなければ死亡しなかったかもしれないのです。

 

もう一つの持続勃起症も恐ろしい症状です。射精してもそのまま勃起が継続してしまうのです。

 

さらにそのママの状態を放置しておくと、勃起機能の回路が破壊されてしまい、もう二度と勃起できなくなるのです。

 

このようにバイアグラには自分の体を制御不能にしたり、修理によってかえって問題を経験することもあるのです。

 

バイアグラに変わる策を構築し、あるがままの自分の体を受け入れて医師とマンツーマンで治療に当たるべきだという専門家もいます。

 

EDになったらどうするか?そのまま放置しておく人もいます。

 

バイアグラが正常男らしさの創造につながるという証拠があるにもかかわらず、一部の医師たちは勃起の健康とは切り離して勃起不全治療を再構築しようと考えているのです。

 

異性愛者の男らしさはバイアグラの助けを借りず、勃起能力を考えたりすることなく達成できると信じている医師たちもいます。